ロゴ

結婚指輪と婚約指輪を対になるデザインで購入しよう

古い時代から愛の証とされている指輪

婚約指輪も結婚指輪も起源は古代ローマ時代といわれています。その後、15世紀頃になって宝石などをはめこんだ特別な指輪へと形を変えたとされています。長い歴史の中でも結婚指輪や婚約指輪は愛の証を形にしたものとされています。

結婚指輪に込める想いはどんなものか

リング

大切な人を想いながら選ぶ

結婚指輪は常日頃から身につけるものになります。そのため、相手に喜んでもらえるものを購入してあげたいと考える人も少なくありません。また、一緒に選ぶことで相手のことを更に知ることができるきっかけにもなります。

詳細を読む

指輪は手作りか既製品かも選ぶポイントになる

結婚指輪や婚約指輪を購入する際に、選ぶポイントは様々です。人気の高いブランドの指輪を購入したり、手作りで自分たちだけの指輪を作ることもできます。相手への想いがこめられた指輪を渡しましょう。

比較することでそれぞれの特徴がわかる

手作りの指輪

結婚指輪や婚約指輪は自分たちで手作りすることができます。その時に、どういったデザインにしたいかをきちんとイメージすることで、世界に1つだけの指輪を作り上げることができます。

既製品の指輪

既製品の指輪には様々なデザインがあります。まだ具体的なイメージが出来上がっていない場合でも、1つ1つの既製品を見ながら考えることで、これだと思えるものを見つけだすことができます。

婚約指輪はデザインだけでなく素材や宝石選びも大事

指輪

結婚の約束として渡される婚約指輪

結婚指輪を購入する際に、同時に悩んでしまうのが婚約指輪です。プロポーズなどをおこなう際に相手にプレゼントする婚約指輪は、結婚を約束したカップルの証ともされています。そのため、結婚指輪よりも豪華に作られていることが多いです。

手

サプライズでプレゼントされることが多い

サプライズでプロポーズをしようと考える人は多くいます。そのため、相手に内緒で婚約指輪を購入しますが、注意しなくてはいけない点もあります。まずは、きちんと相手の指輪のサイズを知っておくことです。サプライズをしても、指輪が入らないなどになってしまうと大変です。

赤い糸

結婚指輪と対になるように作成できる

婚約指輪は「結婚を約束する指輪」、結婚指輪は「将来を誓い合う指輪」といわれています。そのため、2つで1つのデザインを作り、約束と誓いを一緒に身につけるようにしたいと考える人も増えてきました。そのため、両方の指輪を一緒に購入する人も多いです。

広告募集中